本と生活

新刊発売

  • 寺尾紗穂『天使日記』12月23日頃 発売予定 !

    2021年12月02日 新刊発売

    自分の中の子供。目に見えぬもの。聞こえない声。長女が天使に出会った日から始まった、まぼろしのようでいて、確かな日々の記録。
    唯一無二の音楽家・文筆家による言葉の到達点。エッセイ49編。

    ◎2021年12月23日発売

    寺尾紗穂『天使日記』
    四六判  308ページ 上製 定価 2,200円(税込2,420円)
    978-4-909048-13-4 C0095

     

    寺尾 紗穂  (テラオ サホ)  (

    音楽家。文筆家。1981年11月7日東京生まれ。大学時代に結成したバンドThousands Birdies’ Legs でボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年4月、ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム『御身』(ミディ)が各方面で話題になり、坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品『転校生 さよならあなた』(2007年)、安藤桃子監督作品『0.5ミリ』(2014年/安藤サクラ主演)の主題歌を担当した他、CM、エッセイの分野でもなど活躍中。新聞、ウェブ、雑誌などで連載を多数持つ。2009 年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。坂口恭平バンドや、あだち麗三郎、伊賀航と組んだ3ピースバンド「冬にわかれて」でも活動中。2021年、「冬にわかれて」および自身の音楽レーベルとして「こほろぎ舎」を立ち上げる。

    著書に『評伝 川島芳子』(2008年3月/文春新書)、『愛し、日々』(2014年2月/天然文庫)、『原発労働者』(2015年6月/講談社現代文庫)、『南洋と私』(2015年7月/リトルモア)、『あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々』(2017年8月/集英社)、『彗星の孤独』(2018年10月/スタンド・ブックス)、編著に『音楽のまわり』(2018年7月/音楽のまわり編集部)がある。

    2006年3月 1st ミニアルバム『愛し、日々』(MS Entertainment)発表
    2007年4月 2nd アルバム『御身onmi』(ミディ)発表
    2007年6月 1st シングル『さよならの歌』(ミディ)発表
    2008年5月 3rd アルバム『風はびゅうびゅう』(ミディ)発表
    2009年4月 4th アルバム『愛の秘密』(ミディ)発表
    2010年6月 5th アルバム『残照』、2nd シングル『「放送禁止歌」』(ミディ)発表
    2012年6月 6th アルバム『青い夜のさよなら』(ミディ)発表
    2015年3月 7th アルバム『楕円の夢』(P ヴァイン・レコード)発表
    2016年8月 アルバム『私の好きなわらべうた』(P ヴァイン・レコード)発表
    2017年6月 8th アルバム『たよりないもののために』(P ヴァイン・レコード)発表
    2020年3月 9th アルバム『北へ向かう』(P ヴァイン・レコード)発表
    2020年11月 アルバム『わたしの好きなわらべうた2』(P ヴァイン・レコード)発表

     

スタンド・ブックスの本

お知らせ

インスタグラム

お問い合わせ、本のご注文、執筆・編集、メディア・イベント出演等

株式会社スタンド!ブックス